カードローンを利用して現金特価のパソコンを購入する

一般的にパソコンはクレジットカードで購入することができますが、場合によっては現金のみでしか買えないこともあります。
もし、どうしても欲しいパソコンがあって、それが現金でしか買えず、財布に必要な金額の現金が入っていない場合はカードローンを利用するのも一つの手でしょう。

わざわざカードローンでお金を借りてまでパソコンを買うのは損ではないかと考える人もいるかもしれませんが、実はそうとは限りません。
たとえば、パソコンの新モデルが販売する前に、売れ残った旧モデルが格安で売りに出されることがあります。
こういった商品はクレジットカードでは買えず、現金のみしか受けつけないことが少なくないので、カードローンでお金を借りる価値は十分あるのです。
また、無利息キャンペーンを利用すれば、お金を借りて買うことのデメリットはほとんどなくなります。

ちなみに、なぜ格安で販売されるパソコンはクレジットカードで購入できないことがあるのかというと、クレジットカードが使用された場合、販売店はカード会社に手数料を支払わなければならないからです。
在庫処分のパソコンは原価ぎりぎりで販売することが多く、カード会社に手数料を払うと赤字になるため、現金払いのみとなります。